航空会社選び

車や電車よりも早く旅行の目的地に到着する乗り物、それは飛行機ですね。
航空会社により就航先が異なるため、まずは目的地に飛行機が飛んでいるかを調べるのが一番最初。もしいくつかの航空会社が飛んでいたら、航空券の値段とサービスで折り合いのつくところを探しましょう。
航空券は各航空会社が早割等という名前で、何ヶ月も先に早く買うと安いチケットを出しています。ですが急な旅行が決まった場合には、LCCとそうではない航空会社で大きく金額の差がある場合があります。
しかし、LCCは安いけれどその反面サービスや座席等で我慢しなければならないことも多くあります。例えば長期の旅行の場合荷物が多くなりますよね。LCC以外の航空会社では最低1つは無料で荷物を預けられますが、LCCでは1つ目から有料となります。もしも大量のお土産を旅行先で購入した場合、自分の荷物に加え、お土産まで預けるとなると荷物に多くの出費がでることとなります。
また飛行機内の座席が狭かったり、無料の飲み物がなかったりと、LCCとLCC以外の航空会社ではハード面・ソフト面ともに差があります。
飛行機にはサービスを期待しない、移動手段と割り切りその分現地での内容を充実させるのか。それとも飛行機に乗る事も旅行のうちと考えるのか。あなたの旅行スタイルで航空会社を選びましょう。

 

航空券の違いを知る

皆さんは同じ航空会社の航空券でもいくつか種類があるのをご存知でしょうか。現在、日本には全日空やJAL、はたまた新規参入をはたした航空会社など、航空会社にもいろいろありますが、その会社で販売されている券にもおおまかに分けて3つの種類があるのです。
それぞれに特徴があるのですが、まず最初になんといってもよく一般に利用されるノーマル券です。これはほとんどのかたが飛行機を利用するにあたってまず購入を考えるであろう券です。次にノーマル券よりもお安く手に入れることができるのが正規割引航空券というものです。これは航空会社が正規に安くしたものですが、予約変更ができないなどの面もあります。そして最後に格安航空券と呼ばれるものです。旅行会社が販売している券で、航空会社では買うことができないのが特徴です。お値段は安いのですが、座席指定ができなかったりするので注意が必要かもしれません。
そのほかにも前述の正規割引券にもいくつか種類があったりするのです。航空会社としても旅行者に便利で値段も抑えた商品を販売していこうと各社が競争しているので、旅行者にとっては券の種類の選択肢が多いほうが喜ばれるので、かねがね好評のようです。旅行や出張ならたくさんの時間が選べるこのような格安航空券の比較サイトが便利です。

 

各種主要空港について

羽田空港

新千歳空港

福岡空港